転職・転職活動 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/02/21 22:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
キャビンさん

2位
西区地域労組さん
  • 情報提供契約社員への裁量労働制の適用及び裁量労働制の根拠データ 西区地域労働組合 −解雇や職場いじめ等諦める前に−西区地域労組さんのプロフィール
  • ● 働き方改革関連法案(残業代ゼロ法案)が通常国会で最大の焦点に● 8つの労働法案一括審議:高プロ、裁量労働制、残業時間上限等● 残業上限:月100時間未満で決定、年960時間残業の抜け穴発覚● 運輸業、建設業、医師などで残業上限除外、他業界にも広がる恐れ● 36協定(サブロク協定)について最低限知っておきたいことなどの記事をご紹介しております。「働き方改革関連法案(働かせ方改悪法案・定額働かせ放題法案・残業代

3位
まぼすけさん
4位 転職活動人さん
  • 情報提供ニクリーチ 転職転職活動人さんのプロフィール
  • 今、就活生たちの間でトレンド入りしている言葉があります。「ニクリーチ」です。  こちら >> ニクリーチなんと企業の人事の人から焼肉をご馳走してもらいながら、いろいろなことを聞くことのできる “就活サービス” らしいです。ニクリーチに登録しておくことで、企業からのスカウトを受け取ることができます。もちろん、こちらからアプローチをかけることもできます。名前からも分かるように発案者(運営者)はテレビCMで
5位 Managerさん
6位 面接指導塾さん
  • 情報提供自己PRはじっくりと時間をかけて 「面接指導塾」(就職支援)面接指導塾さんのプロフィール
  • 面接質問ではほぼ聞かれる自己PR。何を話せばいいのか迷う質問です。学生と社会人では異なります。まずは自己分析からスタートですが、その分析といっても何をどのように分析するのか、そこがわからない人が多いと思います。自分だけでは解決できない質問です。アドバイスを受けて作成しましょう。面接指導塾
7位 転職活動人さん
  • 情報提供資格者の転職 転職転職活動人さんのプロフィール
  • 「資格を持っていると転職に有利なのか」この問題は、このサイトでも何度か取り上げて来ました。結論としては、資格が必要な求人というのは全体の23%しかないそうです。 以前の記事はこちら >> 転職に有利な資格ですから、残りの77%を狙うのであれば、転職に向けてあえて資格試験に取り組む必要などはないことになります。ですが、既に資格を持っている場合はどうでしょうか?そして、その資格を活かした有利な転職があるのな
更新時刻:18/02/21 22:30現在